ハウスウェディングってどんな結婚式?

ハウスウェディングとは?

一軒家を借りきって、挙式および結婚披露宴をおこなうウェディングのスタイル。それがハウスウェディングです。別の言い方をして、ゲストハウスウエディングということもありますが、ほぼ同じ意味だと考えてもらって差し支えないでしょう。 一軒家を貸し切りにするのですが、そのお家がとっても素敵なものが多いんですよね。ほとんどが、ウエディング専用に建てられており、周辺にチャペルとガーデンが併設されて、結婚式を効率よく行えるようになっています。建物は、西洋の田舎にある古民家のような雰囲気で、女性なら誰でも、こんな場所で結婚式をあげてみたいと思えるような工夫がいっぱいです。 若い世代に爆発的に支持を広げていて、人気があるところは、向こう一年間予約でいっぱいになっているところもあるそうです。ここぞと思うところを見つけたら、早めに予約しておきたいですよね。

ハウスウェディングのメリットとは?

ハウスウェディングとホテルや結婚式場での挙式との最大の違いは、完全貸切であるという点です。結婚シーズンとよばれる春や秋の週末になると、どこの結婚式場も一日に何組ものカップルが分刻みのスケジュールにしたがって、次々と結婚式を行いますよね。会場は、隣の部屋で披露宴を行っているカップルの親族や、次の時間帯の結婚式を待つ招待客など、たくさんの人でごった返しています。ちょっと落ち着きませんよね。 その点、ハウスウェディングは、完全貸切なので、他の結婚式とカブることがなく、静かで穏やかな雰囲気となっています。会場に居合わせる人は、みんな同じ結婚式に出席する人ばかりなので、とってもアットホームな雰囲気に包まれます。 なるほど、人気がどんどん広がっているのも納得ですよね。